スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

2勝1敗。

「皆さんは、補助金や助成金の類が、どのくらいの数あるかご存知ですか?」

とあるセミナーに参加した時の冒頭の質問である。

法人税、消費税、社会保険料、雇用保険料。
税金は個人にもかかるが、当然、法人にもかかってくる。
毎月あるいは毎年、その支払いには苦労する。

ノルウェーに、5か月ほど留学していたことがある。
消費税は23.5%、そのほかの税金も非常に高い国である。
ペットボトルの500mlがおおよそ300円、マクドナルドのバリューセットにあたるものが1200円、ちょっとレストランで食べれば3000円の国だった。
でも、誰一人文句を言うわけでもなく、肯定的に税金をとらえていた。
それはそうだ。
医療費は無料、教育費も大学まで無料、電気代まで無料、失業手当も手厚い。
ノルウェーの友人に言わせると、喜んで税金を支払っている、と言っていた。

日本人は「税金にとられる」という。
でも、税金だって意味があるはずだ。
日本人だって喜んで支払ってよいはずだ。

そう考えて、調べたり、セミナーに参加したのが、補助金・助成金だった。

◎補助金は、計画を立ててできた実績に対して何分の一を補助する。試験ではないが、事前に合格というか採択されなくてはいけない。
◎助成金は、何かをしたことに対して支払われる。最初に申請して実施すれば100%いただくことができる。

冒頭の質問に答えよう。

―300種類以上。

国や地方で重複するものもあるが、300種存在するのだ。

後から知った制度であり、少し後悔。

もちろん、補助金助成金をいただくために、企業活動をしているわけではないから、割り切ってはいるのだが、もし申請していればもう少し楽だったなと思うと、正直、悔いは残る。

例えば、りょくけんの正社員は全員アルバイトさんから正社員登用した方なのだが、仮に事前に申請して計画的に社員登用していれば、一人につき、60万円の支給があった。
週間の勤務契約時間が20時間未満だった方をフルパートもしくは社会保険が適用される週間30時間以上の勤務に契約変更して、実際に勤務してもらえば、25万円の支給など。

情報は、知らなければ、何も役に立たない。

で、補助金だ。
勉強を始めたとき、水を導入したかったのと、国産のブラッドオレンジジュースなどの開発、ECサイトの改良、店舗ユニフォームの刷新、ギフトへの注力、カタログ・パンフ類の…

最新の投稿

小規模事業者継続化補助金 成果発表会 @経済産業省

97.7%

たまごの話7 ~佐々木さんは次のステージへ~

たまごの話6 ~大事なのは白身。透明はゴマカシがきかないのだ~

たまごの話5 ~良いたまごとは?~

たまごの話4 ~たまごアレルギーの原因のひとつ~

たまごの話3 ~完全栄養食→アレルギー原因の代表的存在に~

たまごの話2 ~完全栄養食?~

たまごの話1 ~たまごは価格の優等生~

きりりとした香り。ルーコラ、バジル、タイムにディル。